ヤマザワカップ第36回県女子駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)は17日、上山-山形間の5区間20.5キロでレースが繰り広げられ、南陽・東置賜が1時間9分56秒のタイムで2年連続2度目の優勝を果たした。

 南陽・東置賜は1区長沢日桜里(山形城北高)がトップでたすきをつなぎ、2区吉田百那(同)で2位以下を引き離した。3区渡部莉奈(高畠中)と4区小玉萌美(同)が粘って首位をキープし、アンカー安部日和(城西国際大・山形城北高出)が2位に33秒差をつけてフィニッシュした。

 山形は3区本村七帆(山形十中)と4区渡部花音(山形四中)...    
<記事全文を読む>