ヤマザワカップ第36回県女子駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)は16日に山形市の山形メディアタワーで開会式を行い、17日にレースが繰り広げられる。出場する11チームは上山市本庄地区公民館前をスタートし、山形メディアタワー前までの5区間20.5キロで頂点を争う。号砲を前に各チームの監督に決意を聞いた。

【米沢】勢い大事に、粘り強く
 沢田賢一監督 大学生や一般選手を欠き、厳しい戦いを強いられるが、総合力で頑張りたい。初出場の選手が多いからこそ勢いが大事だ。それぞれの持つ力を生かし、粘り強い走りで、一つでも上の順位を目指す。
...    
<記事全文を読む>