全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)の実行委員会は14日、富士、富士宮市内で12月30日に行う同駅伝の概要を発表した。昨年より2チーム多い24チームが出場し、7区間43・4キロを走る。
 10月の全日本大学女子駅伝の1~12位と、この12チームとは別にエントリーした大学のうち選手7人の5000メートルの記録合計が速い10チーム、全日本大学選抜、県学生選抜が出走する。5000メートルの記録による出場枠を昨年の8から10に増やした。実行委は「近年大学女子駅伝の裾野が広がり、実力が拮抗(きっこう)したため」とした。昨年覇者の名城大や立命大を軸に優勝争いが予想される。鴨志田海来(...    
<記事全文を読む>