札幌市で開催される2020年東京五輪マラソンのコースについて、大会組織委員会が、大通公園を発着する北海道マラソンをベースに、市中心部を2周する周回コース案を検討していることが13日、関係者の話で分かった。開幕まで残り9カ月を切る中、新たなコースの設定に向けた作業負担を減らすことができる上、運営面でも警備やボランティアなどの人員削減や経費の抑制を図れることが主な理由。組織委は詳細について今後、札幌市など関係機関と協議を進める。

 五輪マラソンのベースとなる北海道マラソンのコースは大通公園から市中心部を抜け、往復13キロの直線道路となる新川通(北区、手稲区)を経て、終盤に札幌有...    
<記事全文を読む>