陸上女子中長距離界のホープ、田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)が今季も目覚ましい活躍を見せた。10月の世界選手権では女子5000メートルで予選、決勝と自己ベストを連発し、東京五輪参加標準記録も突破。「楽しんで、今ある力を出せた。線にしてつなげていきたい」と瞳を輝かせる。(金山成美)

 ドーハで行われた世界選手権5000メートル予選。「自信を持てるくらい練習を積めていた。強い選手ばかりなので、考えずにすっとつけた」とスタートから飛び出し、レースの序盤は2番手で展開した。3000メートルを過ぎて周囲がペースアップしても「絶対離れられないと、必死に着順を取れる位置をキープし...    
<記事全文を読む>