【ドバイ=共同】パラ陸上の世界選手権第5日は11日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われ、女子走り幅跳び(義足T64)で34歳の中西麻耶(うちのう整形外科)が5メートル37で初優勝し、東京パラリンピック代表に内定した。4大会連続出場となる。高桑早生(NTT東日本)は6位。

 男子走り高跳び(義足T64)は鈴木徹(SMBC日興証券)が1メートル92で銅メダルを獲得し、6大会連続となるパラリンピック代表の内定条件を満たした。スノーボードの平昌冬季パラリンピック金メダリストの成田緑夢(新日本住設)は6位。同種目は義足T64と下肢障害T44の両クラスを統合して実施された。 <記事全文を読む>