【ドバイ=共同】パラ陸上の世界選手権第3日は9日、アラブ首長国連邦(UAE)の当地で行われ、男子400メートル(車いすT52)は佐藤友祈(WORLD-AC)が59秒25で3連覇した。伊藤智也(バイエル薬品)が0秒81差で銀メダルを獲得。今大会日本勢初の表彰台で、4位の上与那原(うえよなばる)寛和(SMBC日興証券)までが東京パラリンピック代表に内定した。

 男子の決勝種目で、800メートル(車いすT54)の鈴木朋樹(トヨタ自動車)は8位だった。砲丸投げ(座位F53)の71歳、大井利江(北海道・東北パラ陸協)は6位で競技を終えたが、2度の記録訂正の末に5位となった。

<...    
<記事全文を読む>