中国実業団駅伝は10日、広島県世羅町のせら文化センターを発着する7区間80・8キロのコースで8チームが競い、マツダが4時間0分10秒の大会新記録で5年連続12度目の優勝を飾った。2位の中電工、3位中国電力、4位JFEスチールまでが、来年元日に群馬県である全日本実業団対抗駅伝の出場権を得た。

...    
<記事全文を読む>