【ドバイ=神谷円香】パラ陸上の世界選手権第3日は9日、アラブ首長国連邦(UAE)の当地で行われ、女子走り幅跳び(視覚障害T11)決勝で、高田千明(ほけんの窓口)が4メートル69の日本新記録で4位に入り、東京パラリンピック代表に内定した。

 男子400メートル(上肢障害T47)決勝で石田駆(かける=愛知学院大)は5位。男子200メートル(義足T64)決勝は井谷俊介(SMBC日興証券)が7位だった。女子400メートル(上肢障害T47)予選は重本沙絵(日体大大学院)が1分0秒01で1組3着となり、10日の決勝に進んだ。

 第2日の8日は、男子1500メートル(視覚障害...    
<記事全文を読む>