札幌開催が決まった東京五輪のマラソンの日程について、大会組織委の武藤敏郎事務総長は8日、札幌市役所で記者会見し、国際オリンピック委員会(IOC)から、大会最終日の8月9日の実施を模索するよう求められたことを明らかにした。

 組織委の森喜朗会長は今月7日に札幌を訪れた際、日程を早める意向を示していたが、武藤事務総長は「前倒しが決まったわけではない」と述べ、調整中だとの認識を強調した。

...    
<記事全文を読む>