東日本の18都道県チームがしのぎを削る第35回東日本女子駅伝は10日、福島市信夫ケ丘競技場発着コース(9区間、42・195キロ)で行われる。

 埼玉は過去11大会連続で入賞(8位以内)を達成しているものの、2005年の第21回以来、優勝から遠ざかっている。今回は「強い埼玉」をキーワードに上位へ挑む。

 1区大島(しまむら)である程度の位置につけて、徐々に押し上げていく展開が現実的か。3区小川(草加中)は全日本中学選手権800、1500メートルともに準優勝の実力者で、中盤区間の鍵になる5区三ツ木(春日部東高出)は全日本大学女子駅伝で6位に入った城西大のアンカーを務...    
<記事全文を読む>