全日本実業団対抗駅伝(来年元日・群馬県)の予選を兼ねた中国実業団駅伝は10日、広島県世羅町の7区間80・8キロのコースで8チームが競う。全国出場枠は昨年から1増の4で、マツダ、中国電力、中電工、JFEスチールの「4強」が有力。新外国人選手や主力の仕上がり具合などが、優勝争いを左右しそうだ。

...    
<記事全文を読む>