第35回東日本女子駅伝は10日、福島市の信夫ケ丘競技場を発着点に9区間42・195キロで18都道県の代表チームで争う。昨年3位の静岡県は、7年連続エントリーの清田真央(スズキ浜松AC)や昨年1区区間賞の清水真帆(ヤマダ電機、静岡由比中出)らを軸に初優勝を狙う。
 静岡県代表選手は次の通り。
 清田、清水、湯沢ほのか(スズキ浜松AC)、加藤詩帆加(大阪学院大、常葉大菊川高出)、牛佳慧(拓大、浜松開誠館高出)、沢木はな、町碧海、舞谷恵(以上常葉大菊川高)、宮津季亜来(浜松開誠館高)、鈴木優花(磐田南高)、武田亜子(三島南中)、斎藤愛莉(函南東中)、渡辺華那(島田六合中)...    
<記事全文を読む>