【ドバイ=神谷円香】アラブ首長国連邦(UAE)の当地で7日に開幕したパラ陸上の世界選手権で、視覚障害T13の女子400メートル決勝で佐々木真菜(東邦銀行)が58秒38で4位となり、来年の東京パラリンピックの日本代表に内定した。

 22歳の佐々木は前半から積極的なレースを展開。自己ベストの58秒08に迫るタイムで出場枠を確保する4位に食い込んだ。

 男子1500メートル(視覚障害T11)予選では、4分13秒07で日本記録を更新した和田伸也(長瀬産業)と唐沢剣也(群馬県社会福祉事業団)が決勝に進んだ。同100メートル(車いすT54)の生馬知季(WORLD-AC)は準...    
<記事全文を読む>