全国大会の予選会を兼ねた県中学校駅伝が六日、かほく市うのけ総合公園陸上競技場発着の周回コースであり、男子は中能登が初優勝、女子は七尾が二連覇を達成した。男子は六区間18キロ、女子は五区間12・3キロで、男女とも四十六校が参加した。両校は十二月十五日に滋賀県で開催される全国大会に出場する。

 男子は中能登が4区で逆転し、アンカーが七尾との競り合いを制した。女子は七尾が全五区間で区間賞をマークした。上位八校は二十三日に長野県松本市で行われる北信越大会に出場する。

  (島崎勝弘)

 ◇上位成績▽男子 (1)中能登(西村彰馬、井上朋哉、田幡有海、定塚利心、...    
<記事全文を読む>