札幌開催が決まった東京五輪のマラソンのコースについて、日本陸連の河野匡(かわのただす)長距離・マラソンディレクターは5日、私見として「北海道マラソンのコースをベースにするのは間違いないが、(直線が続く)新川通は警備面などから使えないだろう」と語り、その分を周回コースとして設定する意見を述べた。同日、東京都内で開かれた同陸連強化委員会の記者会見で話した。

 河野ディレクターは、「コースの良い悪いを言える立場にはない」とした上で、往復13キロある直線コースの新川通(北区、手稲区)について「警備や救護が大変。飛び出してくる観客もいるかもしれない。国際陸連は認めないだろう」と話した...    
<記事全文を読む>