日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが1日、東京五輪のマラソンと競歩の会場が札幌市に変更された件について「何で札幌なのか分からない」と口にした。

 瀬古リーダーは福岡市内で行われた福岡国際マラソン(12月)の招待選手発表会見に出席。会見を終えて報道陣の取材に応じ「IOCが決めたことに対してとやかく言うつもりはない。決まった以上は粛々とやっていくしかなく、過去のことは忘れて頑張っていきたい」と強調した。しかし、質問を受けているうちに次々と不満を漏らした。

 まず、会場を札幌に変更することについて「10月16日の夜に電車の中でネットを見て知った。寝...    
<記事全文を読む>