国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪のマラソン、競歩の開催地を札幌に変更する計画に関し、男女のマラソンを同日に開催する案を国際陸上競技連盟が検討していることが三十一日、分かった。日本陸連によると三十日夜に、競歩を含めた計五種目を三日間で実施する二つの案について連絡があったという。

 一つは八月七日に男女20キロ競歩、八日に男子50キロ競歩。マラソンを九日に行う。もう一つは五種目を七月二十七~二十九日か二十八~三十日に実施するもので、詳細な日程は示されていない。陸上の他の種目は新国立競技場で七月三十一日に始まる予定で、東京と札幌に分かれて同時に競技が行われる事態を避けら...    
<記事全文を読む>