プロバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズが、B3降格の危機にさらされている。経営状況が悪く、来季もB2で戦うためのライセンス取得の見通しが厳しいためだ。チームを運営する福島スポーツエンタテインメント(郡山市)の宮田英治社長は27日、同市で財務発表記者会見を行い、「会場に足を運んで選手たちの頑張りを応援してほしい」と助けを求めた。

...    
<記事全文を読む>