バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)はシーズン60試合の約3分の1を消化し、西地区の広島は18勝3敗で、2位香川に3ゲーム差をつけて首位を快走する。勝率8割5分7厘は全18チーム中トップ。エチェニケや古野ら新加入選手が期待通りの活躍を見せ、序盤戦は優勝候補の前評判通りの結果を残している。

...    
<記事全文を読む>