バスケットボール男子のBリーグは25日、リーグ3年目となる2018~19年シーズンの1部(B1)と2部(B2)の全36クラブの決算概要を公表した。リーグと全クラブの営業収入は計308億円となり、5年目の到達目標としていた300億円を2年前倒しで達成した。

 B1クラブの平均営業収入は前年度比14%増の9億2400万円。トップは2年連続で千葉の17億6100万円。2位三河、3位A東京だった。レバンガ北海道は12位だった前年度から37%伸ばして9位の7億9千万円。

 入場料収入は1位宇都宮(4億3300万円)、2位千葉(4億1600万円)の順。レバンガは18%増の2...    
<記事全文を読む>