バスケットボール男子、Bリーグに所属する各クラブの2018年度決算が25日発表され、B2仙台は純損失が3990万円で、2期連続の最終赤字となった。来期も赤字が続くとB2ライセンス不交付でB3降格が決まるため、経費削減を図り黒字転換を目指す。
 決算によると、収入は4億2510万円で前期比9200万円の増収。スポンサー収入は3090万円増の1億9270万円、入場収入は1300万円増で1億1500万円だった。グッズなどの販売収入も3400万円で倍増した。
 一方で支出も大幅に増加した。使用料が高いゼビオアリーナ仙台開催が影響し、試合関連経費は6280万円増の1億5770...    
<記事全文を読む>