バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)のトライフープ岡山の監督を辞任した元安陽一氏(38)が22日、岡山市で会見し、山口県の大学教員との両立が難しくなったことを挙げ、「練習に来られない日があるのは、プロの監督としてやってはならない」と辞任の理由を述べた。


 元安氏は、大学の仕事で水曜の練習に参加できなくなった10月以降、チームが5連敗を喫し、「どこかで監督不在の緩みや弱さが出ているのではと考えた」と説明。今月16、17日のアイシン戦で連勝を4に伸ばし、「良い状態でチームを引き継ぐにはこのタイミングと判断した」と17日の試合後にクラブ側に監督を退く意向を伝えたという。...    
<記事全文を読む>