バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)のトライフープ岡山は21日、元安陽一監督(38)が本人の意向により、17日に行われたアイシン戦限りで辞任したと発表した。今後は比留木謙司主将(34)がアソシエイトヘッドコーチとして実質的に指揮を執る。

 元安氏はB1大阪のアシスタントコーチなどを経て昨年、地域社会人リーグ所属だったトライフープの初代監督に就任。山口県の大学教員と兼任してきたが、両立の難しさから辞任を決断したという。「クラブの利益を最大限に考えた時に、今ここで身を引くのが賢明だと判断した」とクラブを通じコメントした。

 23日の次戦から、...    
<記事全文を読む>