82―81の第4クオーター残り37秒で、レバンガ北海道は千葉に逆転を許した。それでも残り8秒で同点の好機は訪れている。ミークスがゴール下の好位置からジャンプショット。仕切り直しと誰もが思った一投は、しかし、リングに嫌われた。

 レバンガはBリーグ発足から千葉に勝ったことがなく昨季までで20連敗。ただ、ゾーンディフェンスが機能したこの日は違った。

 第3クオーター途中で13点のリードを奪い、「長い間、北海道のペースにさせてしまった」と千葉の富樫を嘆かせたほどの試合運びをみせた。もっとも、富樫はこうも言っている。「勝ちきれるのが千葉の強さ」

 第4クオー...    
<記事全文を読む>