横浜ビー・コルセアーズの創設期を支え、昨シーズン限りでユニホームを脱いだ「ミスタービーコル」と愛された蒲谷正之さんと、今季よりチーム編成・強化担当兼アシスタントコーチに就任した山田謙治さんの引退セレモニーが16日、横浜-川崎戦の試合前に実施された。在籍当時の蒲谷さんの背番号「3」、山田コーチの背番号「13」は、クラブにとって初となる永久欠番に決まった。  横須賀市出身の蒲谷さんは横浜商大高から日大に進み、三菱電機などを経て、2011年シーズンから横浜に加わった。シューティングガードとして7年間チームに貢献し、昨季は信州に移籍して現役を退いた。新たなステージを歩み出している蒲谷さんは「礎...    
<記事全文を読む>