ラグビー・ワールドカップ(W杯)の盛り上がりに続こうと、バスケットボール男子Bリーグ2部の西宮ストークスの選手らが11日、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で観戦を呼び掛けた。16、17日には兵庫県西宮市で試合があり、神戸市民らを対象に入場料を割り引く。

 アジア初開催だったラグビーW杯では同市兵庫区のノエビアスタジアム神戸も会場になり、国内外から多くの観客が訪れた。「次はバスケで地域を元気に」とこの日、西宮の谷直樹主将(31)=同県川西市出身=ら4選手とスタッフがチラシを配った。

 神戸市中央区出身のエース道原紀晃選手(30)は「バスケットも今、日本代表がレベルアッ...    
<記事全文を読む>