1部は8試合を行い、東地区6位のレバンガ北海道は同地区3位の宇都宮に70―84で逆転負けした。通算成績は7勝7敗。

 レバンガは前半、守備からリズムをつくって13点リードで折り返した。しかし後半は強度を上げた相手の守備を崩せないまま失点を重ね、第3クオーターにひっくり返された。次節のレバンガは16、17の両日、千葉・船橋市総合体育館で千葉と対戦する。

 両チームの3点シュート成功率の推移が、この試合の流れを的確に物語っていた。

 レバンガは、第1クオーターだけで33失点した前日の反省を踏まえ、開始直後から球を持つ相手に重圧をかけ続けた。前日は1試合で...    
<記事全文を読む>