バスケットボールB1第8節は9日、各地で9試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で北海道と対戦、102-67と今季初の100点ゲームで圧勝した。2連勝で通算成績は9勝4敗。順位は同地区3位のまま。

 ブレックスは序盤からエンジン全開。第1クオーター(Q)は遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュートを皮切りに5連続得点でリズムをつかむと、比江島慎(ひえじままこと)、渡辺裕規(わたなべひろのり)らも得点を重ねて33-12。第2Qも橋本晃佑(はしもとこうすけ)の3連続ゴールや山崎稜(やまざきりょう)らの3点シュートが決まり、53-28の大...    
<記事全文を読む>