プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは9日、東京のアリーナ立川立飛でリーグ2連覇中のアルバルク東京(東地区)と今季第12戦を行い、66―76で敗れた。キングスの連勝は6でストップ。通算成績は8勝4敗となり、西地区2位に順位を下げた。試合を通し、お互い気持ちの入ったタフな守備でぶつかりあったが、攻撃の精度で東京が上回った。次戦は10日、同アリーナで東京と対戦する。

...    
<記事全文を読む>