東地区4位のレバンガ北海道は9、10の両日、ブレックスアリーナ宇都宮で同地区3位の宇都宮と対戦する。4、5の両日に秋田戦があったため、1週間で4試合をこなす過密日程だが、桜井は「格上に勝たないとチャンピオンシップ出場は見えてこない」と気を引き締める。

 宇都宮は1試合平均19・8点でリーグ7位のロシターやW杯日本代表の比江島を擁し、得点力は高い。レバンガの内海ヘッドコーチは「守備をしながらどこまで点を取れるかがポイントになる」と話した。胃腸炎で秋田戦を欠場したトラソリーニは、7日から練習に復帰している。

 両日とも試合開始は午後3時5分。

...    
<記事全文を読む>