プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは二、三日、横浜市の横浜国際プールで横浜ビー・コルセアーズと対戦し、一勝一敗だった。通算成績は三勝九敗で西地区五位。

 二日は85-72で勝利し、連敗を四で止めた。前半から佐藤卓磨選手の鋭いドリブルからの得点などで先行し、試合を優位に進めた。斎藤拓実選手の的確なアシストや23得点を奪ったヘンリー・ウォーカー選手の3点シュートなども光り、相手の追い上げをかわし逃げ切った。

 三日は58-79で敗れた。横浜の外国人選手を中心とした攻撃を止められず、苦戦する。第3クオーターに、ゴール下で強さを見せたチャールズ・ローズ...    
<記事全文を読む>