バスケットボール男子のB2は2日、名古屋市中村スポーツセンターなどで第8節の7試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同4位のFE名古屋に65―70で逆転負けした。信州は連勝が9で止まり、通算10勝2敗。
 信州は第1クオーター(Q)、出足の激しい守りでFE名古屋の外角シュートを抑え、4点を先行。第2Qは互いに18点ずつを取り合ったが、第3Qにシュート成功率が26・3%に落ち込み、45―51と逆転された。第4Qは西山、栗原らを中心に攻め込み、残り51秒で2点差にまで追い上げたが及ばなかった。
 信州は3日午後2時から、同センターで再びFE名古屋と対戦する。...    
<記事全文を読む>