明治安田J1リーグは30日、各地で第33節9試合を行う。前節23日の札幌戦に勝ってJ1残留に踏みとどまった最下位の磐田は、ホームのヤマハスタジアムで名古屋と対戦する。
 磐田は勝って16位湘南の結果を待つしかない。フベロ監督は「前節札幌に勝ったことがチームに自信を与えている」と難敵連破に手応えを示す。
 戦術が浸透してきた磐田は、真っ向勝負を貫く。名古屋には2009年5月のJ1リーグ戦で勝って以来、公式戦16試合勝ちなし。昨年9月はホームで1―6と大敗したが、MF荒木は「今はやることがはっきりしているから、相手に対する怖さがない。自分たちがやるべきことをやり続けるだ...    
<記事全文を読む>