来季は降格によりサッカーJ3で戦うFC岐阜は二十八日、今季途中で就任した北野誠監督(52)の退任を発表した。クラブは新監督を外部から迎える方針だ。

 北野監督はシーズン中の六月に、大木武前監督の後任として途中就任したが、最下位に低迷したチームを浮上に導くことができなかった。J2最下位が確定し、クラブ史上初のJ3降格が決まっている。

 クラブを通じて、「残留に向け誠心誠意努めてまいりましたが、結果を出すことができず大変申し訳ございませんでした。FC岐阜に関わる全ての皆さまに感謝しかございません」とのコメントを出した。

 (沢田石昌義)

...    
<記事全文を読む>