J2長崎は28日、来季の新ユニホームを長崎県佐世保市内で発表した。ホーム用は長崎伝統のハタ(たこ)揚げをモチーフにしたデザインで、地をはって空をかける「ハタ」のように力強いチームになってほしいという願いが込められた。

 アウェー用は長崎県の県花ウンゼンツツジをモチーフに、優しげなデザインとなっている。新ユニホームのモデル役となった亀川は「県民にはハタ揚げが根付いている。皆さんの気持ちを背負ってピッチで一緒に戦いたい」と躍動を誓った。

...    
<記事全文を読む>