サッカーJ2・モンテディオ山形は5季ぶりにJ1参入プレーオフ(PO)へ進み、12月1日にアウェーで大宮との1回戦に臨む。POに挑んだ前回の2014年は、今回と同じ年間順位6位から躍進し、J1昇格をつかんだ。当時の軌跡を振り返り、迎える激戦のポイントを探る。

スタイル転換―若手成長、山岸が起爆剤
 14年は石崎信弘監督が日本フットボールリーグ(JFL)時代以来、16年ぶりに山形を指揮した1年目だった。「ディフェンスが安定すれば、攻撃につながる」との考えを基に、攻撃重視のスタイルからの転換が図られた。波に乗りきれなかったシーズン前半後、陣形を4―2―3―1か...    
<記事全文を読む>