鹿嶋市荒野の市立中野東小学校(栗原真紀校長、児童253人)は22日、サッカーの鹿島アントラーズ前監督で同市在住の石井正忠さん(52)を講師に特別授業を行った。同小の授業公開に合わせたもので、石井さんは6年生と保護者ら約50人を前に「目標には強い心を持って取り組むことが大事」と語った。

石井さんは1993年のJリーグ元年に鹿島の選手として活躍し、99年から指導者に転身。2015年から約2年間鹿島の監督を務めた。

授業では、監督時代の仕事の内容などを丁寧に説明。試合のない日は午前3時に起き、テレビで2試合分の映像を見ていたことや、練習以外の時間は...    
<記事全文を読む>