サッカーJ1清水エスパルスの水谷拓磨選手(23)による特別授業が27日、静岡市清水区の市立蒲原東小で開かれた。4年生約30人がプロ選手のトレーニングやシュートを間近で体感し、交流を深めた。
 児童はシュート時の体の動きを観察したり、体幹トレーニングを実践したりして関節や筋肉の重要性を学んだ。水谷選手は「体幹を鍛えることがけがの防止にもつながる」と解説した。
 サイン色紙の贈呈や記念撮影も行い、交流を深めた。サッカークラブに所属する男子児童(10)は「トレーニングだけでなく体のケアも大事と学んだ。練習に生かしたい」と話した。
 授業はエスパルスと静岡大教育学...    
<記事全文を読む>