松本市里山辺の美ケ原温泉旅館協同組合は27日、J1残留への正念場を迎えているサッカー松本山雅FCに、ミネラルウオーター「美ケ原温泉水」60リットル分を贈った。飲むと体の調子を整える効果が期待される温泉水をペットボトルに詰めて10月に商品化。山雅の選手らを後押しする「力水」となるよう願った。
 温泉水は旅館など10軒余でつくる同組合が温泉街を盛り上げようと商品化。源泉の一つ「湯の原源泉」で地下約180メートルからくみ上げ、塩尻市内の工場でボトル詰めした。ラベルには地元の祭りで着る法被にデザインされたしめ縄の模様をあしらった。
 温泉街の近くに練習拠点「市かりがねサッカ...    
<記事全文を読む>