サッカーJ2・モンテディオ山形は27日、J1参入プレーオフ(PO)初戦に向けた練習をスタートさせた。

 最終節の結果、年間順位6位で5季ぶりのPO進出を決め、オフ1日を挟んで再始動した。この日はクロスボールに対する攻守の対応、ビルドアップ(組み立て)からシュートに持ち込むまでの流れを確認。最後にゲーム形式のメニューに取り組んだ。

 28日以降の練習は非公開とし、リーグ戦以上の“厳戒態勢”を取る。木山隆之(たかし)監督は「選手の集中」や情報戦を理由に挙げ、「勝つために最善の策を練り、努力していきたい」と語った。
<記事全文を読む>