サッカーJ1松本山雅FCは、現在は購入者本人しか利用できない指定席のチケットなどを、来季から第三者に無償譲渡したり、有償譲渡の「リセール」をしたりできる仕組みを導入する。空席を減らせる上、専用サイトを設けて取引を透明化させることで高額での転売を防ぐ効果もあるとしている。同様の仕組みは、Jリーグの他のチームの他、2020年東京五輪などのスポーツや音楽イベントでも広がっているという。
 無償譲渡は、シーズンパスで確保した指定席が対象。リセールはシーズンパスに加え、Jリーグと山雅の公式サイトで購入した指定席の前売りチケットを対象とする。専用サイト上で、山雅の運営会社が設定した価格の...    
<記事全文を読む>