サッカーJ2・モンテディオ山形のスポンサーや正会員らを招いたパーティーが25日、山形市のパレスグランデールで開かれた。24日のリーグ最終節で6位となり、5季ぶりのJ1参入プレーオフ(PO)進出が決定。木山隆之(たかし)監督は「J1昇格の最後の椅子を懸けた戦いに臨むことができる。チャンスで終わらせず、勝ち取る」と約束した。

 株式会社モンテディオ山形の相田健太郎社長は、ホーム戦の平均入場者数が今季、クラブとしてJ2での過去最多となったことなどを踏まえ、「県民の皆さんの熱い思いを背負って戦っていきたい」とあいさつ。スポンサーを代表し若松正俊副知事、アビームコンサルティングの岩沢...    
<記事全文を読む>