サッカーJ2ファジアーノ岡山は25日、有馬賢二監督(46)の続投が決まったと発表した。就任2年目の来季、戦術の一層の浸透を図り、悲願のJ1昇格を目指す。

 有馬監督は攻守にアグレッシブなサッカーを掲げ、18勝11分け13敗(勝ち点65)の9位で1年目を終えた。J1参入プレーオフに進む6位以内には入れなかったものの、クラブのシーズン最多勝利を塗り替え、勝ち点でも過去最多タイを記録した。

 神奈川県出身の有馬監督はJ1の柏を皮切りに札幌や横浜FCで主にFWとしてプレー。FC東京(J1)コーチやYS横浜(J3)監督、U―17(17歳以下)日本代表監督などを歴任し、今季...    
<記事全文を読む>