昇格が決まった瞬間、ベンチに退いていた横浜FCのMF中村は静かに仲間と握手を交わした。出場機会を求め、今夏にJ1磐田から不退転の決意で加わった希代のレフティーは「全部自分で決めたから努力して、突き進んできたから昇格という経験ができた。自分一人ではできない。感謝したい」と控えめに言った。

 勝てば自動昇格となる一戦。かつて輝きを放った代名詞のトップ下ではなく、5試合連続でボランチとしてゲームを冷静に組み立てた。

...    
<記事全文を読む>