浦和、3度目のアジア王者ならず。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が24日、ホームの埼玉スタジアムで行われ、浦和は0―2で敗れ総得点も0―3となり、準優勝に終わった。

 さいたま市浦和区のスポーツバー「ティナ ラウンジ」には多くのサポーターが詰めかけ、約5万8千人の埼玉スタジアムに負けない熱気に包まれた。

 フロアマネジャーの前橋俊輔さん(34)さんによると、10日の決勝第1戦終了後から、予約が殺到し、ほぼ満席の80席が埋まったという。

 浦和は序盤から興梠選手にボールを集め、相手ゴールへ迫る。南区の自営業星野由喜男さん(66)は「興梠(...    
<記事全文を読む>