「このチャンスをものにして」―。サッカーJ2・モンテディオ山形は24日、天童市のNDソフトスタジアム山形での町田戦に敗れたものの、総得点で水戸を上回って6位に滑り込み、J1参入プレーオフ(PO)進出を決めた。リーグ最終戦を白星で飾ることはできなかったが、5季ぶりのJ1復帰に望みをつないだ選手たちにサポーターからは激励の声が相次いだ。

 1万1601人の観客が詰め掛けたスタンドは「モンテブルー」に染まり、先着1万人にプレゼントされたニット帽をかぶって声援を送る人の姿も。米沢市南原猪苗代町、無職宮下守さん(62)は試合前、「スカッとする勝利でPOに弾みをつけてほしい」...    
<記事全文を読む>