サッカーの皇后杯全日本女子選手権は23日、各地で2回戦8試合が行われ、初戦のAC長野パルセイロ・レディース(なでしこリーグ1部)は佐久総合運動公園陸上競技場で日テレ・メニーナ(関東)に3―1で勝った。

 AC長野は小泉1人をボランチに置く4―1―4―1の布陣で臨んだ。前半23分、横山のゴールで先制。後半は鈴木陽が2点を挙げ、なでしこリーグ1位で5連覇した日テレの下部組織チームを突き放した。シュート数はAC長野16本、日テレ・メニーナ6本。観客数は560人。

 AC長野の3回戦は12月1日。静岡県藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で、11月24日に行われる日体...    
<記事全文を読む>