サッカーJ3のAC長野パルセイロは22日、横山雄次監督(50)が来季も続投することが決まったと発表した。横山監督は同日に長野市内で行った練習後に取材に応じ、「期待を裏切った責任を続投することで果たしたい。このまま終わるわけにはいかない」と強い覚悟をにじませた。

 今季は前半戦(17試合)を終えて3勝6分け8敗の最下位(18位)に沈み、「けが人が多く、試合もちょっとしたミスなどで落としていた。負の連鎖に入っていた」と振り返る。後半戦ではここまで14試合で7勝4分け3敗。「メンバーをある程度、試行錯誤している中で結果が付いてきている」と実感を込める。
<記事全文を読む>