サッカーJ2・モンテディオ山形は21日、天童市の県総合運動公園ラグビー場で、リーグ最終戦となる24日のホーム町田戦(午後2時キックオフ)に向け練習した。J1参入プレーオフ(PO)出場が懸かる一戦を前に、木山隆之(たかし)監督は「生き死にが懸かったタフな試合になるはずだ。弱気な姿勢を見せれば、試合は駄目になる」と語った。以下は木山監督の一問一答。

 ―リーグ最終節を迎える。

 「1年間全員でタフに戦ってきた。常にいい状態でやれている。自動昇格には届かなかったが、POに行けるチャンスは残っている。まずは出場の権利を取らなければいけない。最終戦で勝...    
<記事全文を読む>